女性ホルモンで中性化したい男性の方へ

男性が女性ホルモンを摂取するリスク

生殖機能低下

男性が女性ホルモンを投与し続けると、生殖能力が落ち、最終的に射精そのものができなくなります。
つまり子供が作れない体になります。

体つきが変わる

女性的になります。個人差はありますが胸もふくらみ脂肪のつき方が女性のそれになります。

元に戻れない

上記二つの変化はホルモン投与をやめても元に戻りません。一生その体のままです。

ホルモンバランスの変化

女性ホルモンを摂取し続けると、男性ホルモンの分泌量が減っていきます。
つまり女性ホルモンも男性ホルモンも生産されない体になります。
いずれかのホルモンを外部からの摂取に頼ることになります。

 

 

期待できるプラスの効果について

 

胸が大きくなります〔個人差あり〕
顔や体の輪郭が女性的になる〔脂肪のつきかたが変わる〕
体毛が薄くなる
肌がきめ細やかになる
筋肉量が落ち女性的になる

 

 

これらの変化は、年齢が若い人ほど顕著になります。
つまりホルモン投与を始める時期が早いほど、より女性的になるということです。

 

女性ホルモンを摂取する方法

 

女性ホルモンを摂取する方法は主に二通りあります。
美容外科でのホルモン注射と、錠剤による摂取です。

 

ホルモン注射の場合、良くも悪くも効果が大きいのが特徴です。
短い期間で大きな変化を感じれます。
先生と共に経過を見ながら続けれるので、その点は安心ではあります。
難点は費用が高いことでしょうか。

 

錠剤による摂取の場合、注射と比べて即効性はありません。
時間をかけてゆるやかに変化していくため、リスクは低めです。
費用の安さが最大の売りでしょうか。

 

総括

 

 

注射にしろ、錠剤にしろ、ホルモン投与は体内のホルモンバランスを崩します。
よく考えた上で判断しましょう。
それでも始めたい!という方は、錠剤をおすすめします。
理由は上に書いてあるとおりです。

 

最も人気のある一般的な女性ホルモン剤2種類のリンクを貼っておきます。
男性使用者のレビューが多く載っており、とても参考になると思いますので判断材料にしてください。

 

プレモン

 

エストロモン